2017年7月16日日曜日

【公式】【予告】SIS-パス管理のアイコンリクエスト方法の変更について

現在のリクエスト受け付け方法

SIS-パス管理では、別途公開している「アイコンセット for SIS-パス管理」をインストールしていただくことで、約3,500個のアイコンを利用することが可能です

アイコンはユーザー様からのリクエストを積極的に取り入れており、現在進行形で個数を増やし続けています。

現在のリクエスト受け付けはメールでのみ行っており、下記対応を続けてきました。

  • メールで随時受付
  • 最短3分、8割以上を「その日中」に対応
  • リクエストされたアイコンを追加した暫定バージョンをメール返信で提供

アイコンの数が3,500個を超える事を契機に、今後はリクエストをシステム化し、より柔軟にリクエストに対応できるように検討しています。

今後のリクエスト方法(検討中)

今検討している受付方法のシステム化は下記の様なものとなっています。

  • リクエストしたいタイコンの名称(タイトル)を入力し、「リクエスト」ボタンにてリクエストを行う
  • 上記で入力をした時点で、既に提供済みであるかどうかを視覚的に提示する
  • 既にリクエストされているものをリストで表示し、重複したリクエストをしなくても「対応中」等のステータスが分かるようにする
  • ステータスは、「受付前」「受付中」「追加済み」「公開済み」を想定
  • Playストアで公開する正式バージョンではない、リクエスト対応済みの暫定バージョンをその場でダウンロードできるようにする

「追加済み」と「公開済み」の違い

「公開済み」は、Google Playストアで公開する正式バージョン。

「追加済み」は、リクエストいただいたアイコンを追加した暫定バージョン。リクエストに対応する毎に正式版をアップデートすると、全ユーザーに対して毎日のように更新通知が届くため、このような2段階の提供方法としています。

システム化することでユーザー側のメリット/デメリットは?

メリット:リクエストの敷居が下がる

現在のリクエスト方法では、メールでのご連絡をいただくことで「メールアドレス」がサポートに届くようになっています。

システム化された後では、リクエスト内容の登録のみでアイコンリクエストが可能になります。

デメリット:対話的なサポートが出来なくなる①

対話的なサポートが必要なシーンは2つあります。

まず、リクエスト内容からでは対象を1つに絞り込む事ができず、詳細を確認しなければいけないケース。

例えば異なるジャンルで同じ名前を使っているお店、サービス、商品名があった場合、名前(タイトル)だけのリクエストではどの対象へのリクエストなのかの判別ができず、メール返信にて確認をさせていただく事が少なからずありました。

事前の注意文をもっと目立つようにするなどして(例えばジャンルの入力は必須にするなどして)サポート品質の低下につながらない設計とすることで対応したいと考えています。

デメリット:対話的なサポートが出来なくなる②

もう1つのシーン。暫定バージョンの即時追加が出来なくなります。

メールサポートの場合は、リクエストされたアイコンを追加した時点でアップデート用ファイルをメール添付で返信していました。

システム化してからは、「2日後あたりに再度リクエストシステムにアクセスして最新の暫定バージョンをダウンロードしてください」といった運用方法になる想定です。

もしくは、リクエストを出した本人にのみ通知が届くような仕組みを作りこむか(費用対効果の問題あり)も併せて検討しています。

ほぼほぼボランティア事業

SIS-パス管理は一部有料の部分もございますが、基本無料のアプリケーションにて、収入は完全に赤字の事業です。サポート費用のこれ以上の圧迫をなんとか抑えつつ、それでもサポート品質は下げずにむしろ向上させる施策がないか検討する中で、まずはアイコンリクエストのシステム化検討を進めています。

リクエストの進捗状況がステータスの変化によって視覚的に分かることで、より「サポート・運営」の姿をイメージし易くなり、親しみをもっていただけたらという期待も少しあります。

SIS-パス管理は思い入れのあるアプリ故、続けられるところまで続けていきたいという意思がありますので、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

2017年2月28日火曜日

【公式】SIS-パス管理 for Windowsのノートン誤検知について

SisPassManager.resources.dllファイルが削除される

SIS-パス管理 for Windowsのご利用をありがとうございます。

本日ご利用ユーザー様より、ソフトウェアを利用する際に「ノートン」によって「SisPassManager.resources.dll」ファイルが削除されてしまうという報告をいただきました。

該当dllは脅威ではありませんので、ファイルは削除せずにご利用いただけます。詳細を以下に記載いたします。

「SisPassManager.resources.dll」とは?

SIS-パス管理 for Windowsのソフトウェアは、全て英語言語で作成しています。

これを、日本語環境でソフトが実行されたときにソフト内の文言を日本語表示に切り替えるために使うのが、このdllファイルです。

このため、このdllファイルが無い場合でも英語表示にてソフトウェアをご利用いただくことは可能です。

なぜノートンが反応するの?

ユーザー様よりご報告いただいた脅威内容は「WS.Reputation.1」でした。

「WS.Reputation.1」について、ノートンの開発元Symantecは下記のように情報公開しています。(全て原文ママ)

https://community.norton.com/ja/forums/wsreputation1%E3%81%AE%E6%A4%9C%E5%87%BA%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

  • シマンテックのユーザーコミュニティからのデータ分析に基づいたレピュテーション評価のスコアが低く、危険性が疑われるファイルに対する検出名です。
  • どのようなセキュリティ技術でも、定義ファイルの内容に間違いが記述されることがあります。
  • ノートンのレピューテーション技術は、未知のファイル(ユーザーが新規に作成したものを含みます)を確認した場合、レピュテーションのスコアーを決定するためにいくつかの要素を用います。
  • 誤検知を抑えつつ最大限の保護を提供するために、いくつかある要素の全てを総合的に判断していますが、ここでは「新しいかどうか」で判断しています。
  • 安全なファイルが危険とみなされていることが実際起こっていることも理解しています。

そして、最後にこう記載されています。

もし私たちのレピュテーション技術によってダウンロードされたファイルが誤検知されていましたら、報告してください。

誤検知をSymantecに報告!

2017年2月28日14:43(日本時間)に、Symantecに誤検知を報告しました。最大2営業日で返信いただけるようなので、待ち状態です。

もう返事来た!

なんと、同日の15:35にSymantecから返信が来ました。下記の通り「問題がない」事の確認と「ホワイトリストへの登録」が確認できました。

次のウイルス定義アップデート(Live Update)からの適用になるようです。まずは一安心です。

もし誤検知が再発しているようでしたら、SISYOU.KUMまでご報告いただけると大変助かります。何卒よろしくお願いいたします。

2017年2月7日火曜日

【更新履歴】アイコンセット for SIS-パス管理

ここでは、Android向けSIS-パス管理のプラグイン「アイコンセット for SIS-パス管理」の更新履歴を掲載します。

「アイコンセット for SIS-パス管理」

更新履歴

Ver.更新日追加分総計コメント
1.292017/07/16128個3,482個
1.282017/06/16122個3,354個
1.272017/05/21177個3,232個
1.262017/04/2155個3,055個Mastodon追加
1.252017/04/14157個3,000個3千個達成!
1.242017/03/1786個2,843個
1.232017/03/04452個2,757個プリインアイコンに4色追加
1.222017/02/2194個2,305個アプリ一覧にアイコンを設置(※)
1.212017/02/07128個2,211個
1.202017/01/17127個2,083個2千個突破!
1.192017/01/01125個1,956個
1.182016/12/10180個1,831個
1.172016/11/16110個1,651個
1.162016/11/0490個1,541個
1.152016/10/27121個1,451個
1.142016/10/07163個1,330個
1.132016/09/20141個1,167個
1.122016/09/0898個1,026個千個達成!
1.112016/09/0499個928個
1.102016/08/28125個829個
1.92016/08/2277個704個
1.82016/08/1864個627個
1.72016/08/1669個563個
1.62016/08/11120個494個
1.52016/08/0386個374個
1.42016/07/3017個288個
1.32016/07/2964個271個
1.22016/07/2656個207個
1.12016/07/2434個151個
1.02016/07/22117117個リリース!

(※)アプリ一覧へのアイコンの設置について

アプリ一覧にアイコンが無いことによって、特にSIS-パス管理本体をインストールしていないユーザー様から「使い方が分からない」という理由にて★1を付けられる被害が増えてきました。

この状況を重く受け止め、リリース当初から長年廃止していたアプリ一覧へのアイコンを設置することといたしました。

アプリ一覧画面の貴重なスペースを1ついただいてしまいますが、継続したアプリ開発とサポートを実現するために何卒ご理解いただきたくお願いいたします。

以下は少々開発寄りの話となります。

「本体アプリがインストールされていない場合に●●すれば良い」という案は、Android OSの仕様上、「本体アプリ以外のアプリが(最低限)一回はユーザーの手によって起動された状況」が解決された時に初めて実現ができます。今まで通りアイコン無しでこの制限を回避する事は現在のAndroid OSの仕様上不可能でした。

リクエストについて

リクエスト方法

アイコンのリクエストはメールでのみ受け付けております。

SIS-パス管理 アプリ内の「アイコン選択画面」右上にあるオレンジ色のリクエストボタンからメール送信が可能ですのでご利用ください。

お受け出来ないリクエスト例

下記のように具体性に欠けるリクエストは一切受け付けておりません。ご了承ください。下記は一例であり、全てがこの限りではありません。

  • 車メーカーお願いします!
  • アサヒ、サッポロなど
  • もっと男性誌を増やしてください

上記3例の場合、具体的に記載されている「アサヒ」「サッポロ」のみを追加します。

この場合は「アサヒ」と「サッポロ」の組み合わせでリクエストをいただいた(という想定の例)ので、おそらくビール飲料のメーカーのことだと予測して2メーカーを追加することになります。

仮に「サッポロお願いします」だけのリクエストの場合は、どの「サッポロ」のアイコンをご希望なのかが不明瞭なので、具体的な画像もしくはURLを示していただくようにユーザー様に対してメール返信することとなります。

2017年2月3日金曜日

【公式】SIS-パス管理 プライバシーポリシー

このページについて

Google Playストアに公開するアプリにおいて「GET_ACCOUNTS」パーミッションを利用する場合には、プライバシーポリシーの公開が必要になります。

このページでは、Android用アプリ「SIS-パス管理」のプライバシーポリシーを記載します。

FULL VERSION: Only Japanese version available.
SUMMARY: Go to the bottom of this page.

プライバシーポリシー

アプリケーション提供者名

SISYOU.KUM

アプリケーションで取り扱う利用者情報

項目: Googleアカウント情報。

内容: Google Driveにバックアップを保存するために必要なGoogleアカウント情報を取得・保存します。

取得方法: バックアップ先アカウントの指定、バックアップ保存、バックアップ取得事に利用します。

利用目的: Google Driveへのアクセスに利用します。

同意取得の方法: 取得時にダイアログを表示して同意を求めます。(V3.4.1以降)

その他: アプリケーションで取得した情報はAndroidの共通機能で管理されているアプリケーション内に暗号化して保存するのみであり、外部に送信する事はありません。

パーミッションと利用目的

GET_ACCOUNTS: バックアップファイルをGoogle Driveに保存するため

プライバシーポリシーの提示場所

1.当サイトに提示

2.アプリケーションから当サイトにリンク(V3.4.1以降予定)

3.アプリケーション内に概要を提示(V3.4.1以降予定)

利用者関与の方法

サービス自体に利用される情報の利用者関与:

利用を取りやめる場合は、アプリケーションをアンインストールしてください。アプリケーションで自動作成されたファイルは全て削除されます。

別途バックアップを作成した場合は、不要な場合は手動で削除してください。

外部送信・第三者提供・情報モジュールの有無

外部送信・第三者提供: アプリケーション内で使用するのみで、第三者提供いたしません。

情報収集モジュールを組み込む場合の取り扱い: 広告を表示しています。

問い合わせ窓口

sisyou.kum+pp [at] gmail.com

上記 [at] を @(アットマーク)に変更の上、メールにてお問い合わせください。

プライバシーポリシーの変更について

同意取得が必要な重要なプライバシーポリシーの変更は、アプリケーション内でポップアップ表示させ「同意取得」を行います。

同意取得が必要ないプライバシーポリシーの変更に関しては、本サイトで告知を行います。

SUMMARY of PRIVACY POLICY

Your privacy is very important to us. Please read our Privacy Policy carefully and let us to know if you have any question.

FULL VERSION of Privacy Policy is only Japanese version available. Please translate it to your language.

Developer name

SISYOU.KUM

PERSONAL INFORMATION

We DO NOT collect, share, sell, send, store or use any personal information while you download or upgrade this application, expect the personal information that you submit when you email us, send an error report, you use cloud storage backup function and other activities.

Only for the following purposes that we may use your GMAIL ACCOUNTS submitted by you: show your gmail list to select google drive backup storage by you.

PRIVACY QUESTION

If you have any questions or concerns about our Privacy Policy, please contact us:

sisyou.kum+pp [at] gmail.com

2016年12月27日火曜日

SONY様「Xperia My Tablet」にSIS-パス管理をご紹介いただきました。

Xperia My Tabletとは

Xperia My Tabletは、「ソニーマーケティング株式会社」様が運営している、Xperia Tabletユーザー向けにおすすめアプリを紹介するポータルサイトです。

http://tablet.start.sony.jp/recommend/biz/

12月初旬に同サービスの運営を一部委託されているご担当者より「貴アプリを掲載したい」とご連絡いただき、数回のやり取り、画像提供の末、12月26日に掲載していただけました。

紹介画像は全てSISYOU.KUMから提供

当アプリはいくつかのアプリレビュー系ブログなどでご紹介いただいていますが、その際の画像は全てブログ側が準備していて、「(勝手に)掲載しました」という事後報告を受けていました。例外なく、このかたちでした。

例:オクトバ様(だいぶ古いバージョンですが)
http://octoba.net/archives/20140829-android-app-password-358822.html

一方、My Tabletでは「このサイズの画像をください」という様に、アイコン画像、紹介用画像、バナー画像など全ての画像パーツの提供が求められました。

「えぇ!そんな画像わざわざ作ってらんねーよ!」

とは一瞬たりとも考えず、「ソニー様のおすすめアプリに紹介していただけるとは、何と光栄なことか。画像は全て新規作成でご提供いたします!」となったのでした。

(もともとGoogle Playストア向けでもタブレット用の紹介画像は作っていなかったので、この機会に両方で使える画像を作ろうという方針にしました)

紹介ページはここ!

http://tablet.start.sony.jp/recommend/biz/sis.html

「おすすめポイント」の文章は、SISYOU.KUMからの提出や推敲は求められませんでした。当アプリ(SIS-パス管理)の機能、性能を分かりやすく紹介していただき、感激です。

ビジネスカテゴリでは全18アプリの1つに選抜!

実際に掲載していただいたページを見て驚いたのですが、My Tabletはまだサービスを開始して間もないのか、掲載アプリ数がそれほど多くありませんでした。

ビジネスカテゴリでは、(Google Playストアに無数にあるアプリの中から)18アプリの中の1つとしてSIS-パス管理を掲載していただけています。(2016年12月27日時点)

My Tablet全体で見ても、まだ掲載アプリは78個。その中の1つとしてピックアップしていただけて本当に光栄です。

一体どなた様がこのアプリを推薦してくれたのでしょうか。菓子折りを持ってご挨拶に行かせてください。

さいごに

My Tabletおよびソニー様の今後ますますの発展をお祈りしています。

掲載ありがとうございました!

2016年11月20日日曜日

【Android】【アプリ開発者向け】悪質なユーザーからのレビューコメントに対するGoogleの対応(後編)【事例紹介】

前編のあらすじ

  • Androidアプリに対する嫌がらせレビュー、困りますよね
  • なんと、Googleに通報すると該当レビューを削除してくれます
  • 「コメント投稿に関するポリシー」に違反しているかがポイント
  • 先日にSISYOU.KUMが経験した事例を紹介します!
  • 長くなったので、事例紹介は次回に持ち越し。。。

詳細は前回のエントリをご覧ください。

それでは、(前置き長くなってすみません)SISYOU.KUMが経験した「悪質ユーザーとGoogle運営とのやりとり」を紹介します。

すみません、やっぱりやめます!

期待してご覧になっていただいた開発者の方々、本当に申し訳ありません。

悪質ユーザーとのやりとりをここに記載しておきたかったのですが、

ありのままを書くと「悪質ユーザー」にとっても有益な情報となる

という指摘を多数の方面から受け、公開する情報を変更する事にしました。

ここでは、

Google運営様が実際に削除してくれたレビューコメント

に絞って情報公開いたします。

実際には「通報」→「削除」→ちゃんちゃん♪と簡単にはいかず、Google運営とのやり取り、悪質ユーザーからの執拗な粘着(別アカウントからの嫌がらせ等)など紆余曲折がありました。いえ、過去形ではなく昨日今日も色々やっています。(2016/11/20執筆時点)

ありのままを書きたいのですが…

その他の情報も全て公開したいのですが、手段を検討中です。「アプリ開発者」であることを証明していただいて無料提供する、というのも勿論方法の1つではありますが、そこまでの工数を捻出できる余裕はなく。申し訳ありません。

有料提供(例えば電子書籍での有料公開)にすれば「悪質なユーザー」は購入までする人は少ないのではというアイデアもいただきました。確かに有効な方法かと思いますが、一方で「結局金儲けか!」と思われては心外なので中々決めかねています…。無料や安価での提供では、それこそ悪質なユーザーが入手し易くなりますので猶更。

仮に提供方法が決まりましたら、ここでも通知いたします。(公開しないとう結論にもなるかもしれませんが、何卒ご理解ください)

わかったから、さっさと情報を出せ!

すみません、また前置きが長くなってきました。

Google運営様に通報し、実際に削除されたレビューコメントを下記に紹介します。

Google運営様に削除してもらえたレビューコメント事例

今回の事例では、3つのアプリに対して様々なレビュー被害に合いました。

全てのキャプチャを残せておけば良かったのですが、(ブログで情報公開しようと決める前に)Google運営様に削除していただいたレビューについてはキャプチャを残すことが出来ませんでした。

アプリ1に対するレビュー

アプリ2に対するレビュー

アプリ3に対するレビュー(2枚)

入金がどうのこうの書かれているレビューがありますが、Googleには潔白を証明しています。

既に削除していただけているのでキャプチャには残せませんでしたが、レビューの返信として「どのアプリに、どのユーザー名で、★の数はいくつで、コメントは何でレビューしたのか?また、評価に対して金銭を支払うという契約はいつどこで誰としたのか?その契約の中で入金先の口座は規定したのか?をご連絡ください。記憶障害なのか、どなたかとそういった契約を締結した事を思い出せません。」といった返信をしています。

Google運営への通報方法

では、実際にGoogleへの通報はどうやるのでしょうか?

Androidアプリ開発者の方と会話していると、Google運営に通報をしたことが無いという方が結構いらっしゃいました。

ここでは、WindowsパソコンでChromeブラウザを用いた場合の操作方法を紹介します。

手順1:デベコンにアクセス

Androidアプリ開発者の方ならおなじみ、Google Play Developer Console(通称:デベコン)にアクセスします。

手順2:画面最下部から「サポートにお問い合わせ」をクリック

手順3:「メール」をクリック

手順4:必要情報を記載して、「送信」

Googleに送信が必要な情報は以下の通りです。* は必須項目。

  • 姓、名
  • メールアドレス *
  • デベロッパー名 *
  • お住まいの地域(国)
  • アプリ名(該当する場合)
  • アプリのパッケージ名
  • フィードバックまたは問題の説明 *
  • スクリーンショット

ここで、「スクリーンショット」は「今表示している画面全体」と「範囲指定」の中から選択も可能です。個人情報に当たる部分は黒塗りにもできます。

「送信」ボタンをクリックして内容確認すれば完了です。

Google運営のレスポンスは非常に早い!

上記手順で操作をする中で「1 営業日以内にご回答差し上げます。」「2 営業日以内にご回答差し上げます。」といった表記がありますが、その通りの営業日でメールをいただけます。

内容によってはメール返信が無かったり、表示されているよりも待たされるかもしれませんが、少なくとも今回の事例に限っては次の通りでした。

  • 通報から1営業日で、ご担当者からメールをいただく
  • 通報から2営業日で、レビューの削除、および報告メールをいただく
  • その日の夜にメール返信したところ、翌営業日にはご担当から返信をいただく
  • その後進展があったので再度メールを返信した(土曜日夕方)
  • なんと、翌日の日曜日早朝にはレビューが削除されていた
  • 同日の正午にメール返信あり、その後2・3通のメールやり取り

この様に、なんと土日にも仕事をしています。運用サポートの方々、本当にお疲れ様です。Googleという大企業でありながら素晴らしいレスポンスの早さにも脱帽いたします。日本の大企業だと承認ルートが複雑で、ここまで早い対応は期待できないでしょう。

おわりに

当エントリをご覧いただきありがとうございました。詳細な事例紹介として掲載できなく申し訳ありません。

ご期待外れの内容だったかもしれませんが、多くのAndroidアプリ開発者の皆さまのご参考になれば幸いです。

2016年11月18日金曜日

【Android】【アプリ開発者向け】悪質なユーザーからのレビューコメントに対するGoogleの対応(前編)【事例紹介】

はじめに

Androidアプリ開発者の皆さま、悪質なユーザーからのレビューコメントに困っていませんか?

ある程度の低評価は誤差?仕方が無いこと?気にするほどDL数少なくない?

いえいえ、そういう話ではありません。

悪質なレビューコメントはGoogle運営がちゃんと仕事して対応してくれます。

先日、「度を越した悪質さ」が際立つ事例を経験することができましたので、「悪質なユーザーのレビューコメント」「通報の内容」「Google運営とのやり取り」を公開したいと思います。

他のアプリ開発者の方々の参考になれば幸いです。

Googleの運営は「悪質なレビュー」を対処してくれるのか?

結論から言いますと、対処してくれます。

ただし、アプリ開発者が思う「この野郎!」なレビューと、実際にGoogleが対処してくれるレビューとは一定の乖離があります。

今回、現在公開しているアプリの内3つのアプリに対して面白い悪質なユーザーから面白い許せないレビューが付きましたので、Googleに通報してみた事例を紹介します。

なお、SISYOU.KUMは通常ではアプリレビューに対して(不本意な低評価であっても)誠実な対応を心がけていますが、3つのアプリに対して立て続けに意味不明な★1をもらったため、初めて「同レベルでの対応」を行い、その上でGoogleに通報してみました。

「コメント投稿に関するポリシー」に抵触しているかが重要

Googleが公式サイトで規定されている「コメント投稿に関するポリシー」をご存知でしょうか?

こちらもしくは下記URLをクリックしていただくと、該当のページを確認できます。

https://play.google.com/about/comment-posting-policy.html

URLが変更される場合も考慮して、2016年11月18日現在のポリシーを転載しておきます。

  • 関連性のない話題に関してのコメントは避けてください。レビューしているアプリケーションについてコメントしてください。
  • レビューにゲームやアフィリエイトのコード、メール アドレスまたはリンクを含めないでください。
  • 評価の不正な上げ下げを目的として、レビューを偽装しないでください。
  • 露骨な性表現や不適切な表現を含むコンテンツを投稿しないでください。
  • 攻撃的表現、差別的表現、脅迫、嫌がらせを含むコンテンツを投稿しないでください。
  • 他人へのなりすましや、第三者や組織との関係を詐称しないでください。

「ふむふむ、まぁそうでしょう」というものばかりだと思います。

こんなレビュー受けたことありませんか?

ここで私が注目したいのは、

  • 「関連性のない話題に関してのコメントはNG」
  • 「評価の不正な上げ下げを目的としたレビュー偽造はNG」
  • 「攻撃的表現NG」
  • 「嫌がらせNG」

という点です。

この手のレビューをくらって気を落とした開発者の方は少なくないと思います。

悪質なレビューは受けてしまうもの!

そうです。悪質なレビューは(大変残念なことに)受けてしまうものなのです。

あらゆるユーザーが存在するアプリストアでのアプリを公開するとは、そういうことなのです。

私も以前は泣き寝入りをしていました。

ウェブ上では「交通事故」といった表現がされていて、ある一定のダウンロード数がある場合は悪質なユーザーからの低評価は避けられないという考えが浸透しているように思います。

ここで、「避けられない」のはその通りで、どんなアプリのレビューを見てみても「このレビューは可笑しいだろ」という内容で★1が付いているものを必ず見つけます。

対処方法はないの?

しかし、「避けられない」ことと「対処できないこと」は別問題。

Androidアプリ開発者ができる「対処」は大きく2つでしょう。

  • レビューで誠実に返信する(ほとんど意味なし)
  • Googleに通報する

1つ目の「レビューで返信」は、レビュー者が「レビューの返信が来た際にメールを受け取る」設定にしていない場合は全く意味がありません。

開発者からの返信内容が正しい場合、「レビューしたユーザーがおかしいんだな」ということを認識することは出来ますが、大きく低下させられた平均評価点数が元に戻ることはありません。

そこでもう1つの手段として挙げた「Googleに通報する」が重要になってきます。

悪質なレビューをGoogleに通報するとどうなるのか?

前置きが長くなりましたが、実際に受けた悪質なレビュー事例を下記の流れで紹介したいと思います。

  • 登場人物
  • 悪質なレビュー、SISYOU.KUMの返信、更なる悪質なレビュー
  • Googleに通報
  • Google運営から返信
  • Google運営とSISYOU.KUMのやり取り
  • レビューが削除された!
  • その後

と、本当に長くなってしまったので次のエントリに分ける事にしました。

現在も「その後」の対処をGoogle運営と行っているところですので、状況が更に変わってかける事が増えるかもしれません。

後編をご覧ください

事例ご興味ありましたら、次のエントリにて公開中です。

http://sisyoukum.blogspot.jp/2016/11/androidgoogle_20.html

ていうか、どのアプリの話なの?

特に宣伝目的ではないのでエントリ内でアプリ名は出しませんが、他のエントリをご覧いただけたら辿り着けると思います。。。